<   2009年 07月 ( 1 )   > この月の画像一覧

「hardreality」7月12日@小倉ギャラリーソープ

来週、hardrealityを開催致します。

今回のゲストは、勝井祐二さん、ドラびでおさん、山本達久氏でございます。

山本氏は斜陽とのセッション後、さらにzerorealityへと合体してくれます!
山本氏と久しぶりに会えるのも非常に楽しみであります。

以下詳細です。
zeroreality presenz
●hardreality〜the most wonderful sound in the neverland〜●

@小倉ギャラリーSOAP
[福岡県北九州市小倉北区鍛冶町1-8-23-2F]
INFO:093-551-5522
■2009.7/12 SUN
■OPEN/18:00
■START/18:30

□ADV/\2500
□DAY/\2800
□※学割-\500

[act]
■zeroreality+山本達久(NATSUMEN)
今回のzerorealityは山本達久(NATSUMEN)をドラムに迎えてのspecial編成!
斜陽(揖斐ソロ)+山本達久のDuoからzerorealityの音へ繋がっていく絶対的雑音の美世界へのドラマティックな展開をお楽しみ下さい!!


■zeroreality
北九州、山口、福岡のメンバー、総勢9名から構成されるmidnightノイズ集団。
発信機(noise)かつ受信機(noise)=zero【noiseは永遠にnoise】からのLIVE(LIFE)であることを信条に、「ゴミタメの中の0.1秒」を昇華すべく、永遠へのランニング・ハイを目指して迷走中。


ホームページ
http://members2.jcom.home.ne.jp/zeroreality/
マイスペ
http://www.myspace.com/1004124095
mixiコミュ
view_community.pl?&id=3695337

■山本達久
1982 年10月25日生。純アコースティック非エレクトリックドラマー。2003年、一楽儀光(ドラびでお)とのツインドラムハードスカムコアバンド「香港男祭」でRUINS、ガロリンズと共に韓国Tourを敢行。賞賛と叱責を同時に浴びる。時期を同じく、佐々木匡士、倉地久美夫trio(菊地成孔sax/山内桂sax)など、唯一無二の歌い手との共演を重ねる。その時期から、山本精一、内橋和久、知久寿焼(exたま)、灰野敬二などなど数々のミュージシャンと多数セッションを敢行。同時にZu(ITA)、LightningBolt(US)、triosk(AUS)、HansReichel(GEL)、 GianniGebbia(ITA)、RogerTurner(UK)など、来日アーティストのTourサポート、他多数にわたるイベントのオーガナイズも山口bar印度洋でこなす。現在では、数々の即興sessionを主軸に、石橋英子とのduoや、ナスノミツル、井上経康との「zggzag!!!」、勝井祐二、marronとの「プラマイゼロ」、田村夏樹、藤井郷子、Kelly Churkoとのカルテット、「el-malo」柚木隆一郎solo
音源へのレコーディング、2008年度芥川賞作家であり、歌手でもある「川上未映
子」 BANDへの参加、最近では成田宗弘(HIGHRISE)、田畑満(ZENI-GEVA/AMT&TCI)との「GreenFlames」、町田良夫steelpanとのunit「オハナミ」、大友良英、Jim O'roukeと共にカヒミ・カリィ・バンドでの録音や、AxSxE率いる「NATSUMEN」のメンバーでもある等、数々のプロジェクトに参加、企画し、都内を中心に活動。

http://free-archive.main.jp/tyamamoto.html


■電子卓上音楽団

2000年、河童と出会い覚醒し、翌年結成。
DJ・DTMを経たexperimentalの形を模索する。
竹永省吾・古賀章郎・石河圭介の3名。
http://www.myspace.com/dentak

■吉田主税 chikara yoshida -sax

高校時代よりsaxをはじめる。
紆余曲折の大学時代にジャズや即興音楽に興味を持ち、在学中よりライヴハウス
やクラブで演奏。
2004年頃より、satoshi fujise a.k.a.STB(ex.electrum)の誘いにより、macroに
参加。2枚のCDを作る。
また、この頃より、機械いじりに目覚め、繊細かつ破壊的に飛ばしまくる。
2007年、marron, bill holist, marcos fernandesの九州ツアーの共演をきっか
けにサックスソロをはじめる。
2008年、art space tetra主催サックスソロイベント「三匹が吹く」にて、好評
を得る。また、この頃からeffectを駆使したsolo演奏も定期的に行っている。
その音色には定評があり、KEISONをはじめ、さなざまなアーティストのサポート
としても活躍中。現在は、Bone-T&MJ'sに参加中。
最近は、音楽の幅を拡げるべく、フルートを練習中。


■nyarin

SCHOOL GIRL'69 Vo.Gユースケによるソロ・プロジェクト。
2002年より自宅で活動開始。
「歌」に重点を置いた、フライングVひとり多重演奏空間弾き語りライブを年に数回ほど行うなど、「ゆるく、ゆるく」をモットーにだいぶゆるい感じで活動中。

http://www.myspace.com/nyarin


!!!GUEST!!!

■勝井祐二

http://www.katsuiyuji.com/
http://www.rovo.jp/

ヴァイオリン演奏家。
80年代から様々なユニット、セッションを通じて日本の音楽シーンの裏街道(アンダーグラウンド)を歩む。
1989年「渋さ知らズ」にオリジナルメンバーとして参加。1991年「1991-1992 JAPAN-UK FESTIVAL 」の中心展示「VISIONS of JAPAN」のサウンドディレクターを務め、渡英。
当時のレイヴ・カルチャーに触れ衝撃を受ける。帰国後、アンダーグラウンド・レイヴパーティー「WATER」を始める傍ら、映画、演劇、舞踏の音楽を数多く担当。1993年にはインディペンデントレーベル「まぼろしの世界」を主宰するなどして、90年代の東京のジャンル越境(オルタネイティヴ)シーンを牽引した。
1996年山本精一(ボアダムス、想い出波止場)とROVO結成。ROVO主宰のイヴェントMAN DRIVE TRANCEや、FUJI ROCK FESTIVAL を初めとする野外フェスティヴァルへの数多くの参加を通じて、DJカルチャー/クラブシーンとライヴシーンをクロスする新たなシーンのフロントに立つ。
ROVO、BONDAGE FRUIT、渋さ知らズ、カルメンマキ and サラマンドラ、PERE-FURU、等多数のバンドでプロデュース、ヴァイオリンを担当。
(近況) 02 年 ROVOで、ライジングサン・ロックフェスティヴァル、武蔵祭、朝霧ジャム、渋さ知らズでは、メールス・ジャズフェスティヴァル、グラストンベリー・ロックフェスティヴァル、フジロック・フェスティヴァル、山本精一とのデュオでトゥルーピープルズ・セレブレーション、勝井祐二ソロとして、原美術館に於いての「サウンドガーデン」、金沢21世紀美術館プレイヴェントのアートフォーラムシリーズ「疑いの実験室」等のフェスティヴァルに参加した。 2003年にかけてUAの全国ツアー「空の小屋」に参加。 03年 ROVO、渋さ知らズオーケストラ、UAでフジロックフェスティヴァルに、カルメンマキ and サラマンドラでライジングサン・ロックフェスティヴァルに参加。 エレクトリック・ヴァイオリンの即興演奏のソロアルバム「ヴァイオリンソロ」を発表。 04年 ROVOでメールス・フェスティバル出演を皮切りにヨーロッパ/アメリカツアー。帰国後、京大西武講堂に於けるP-Hour02、ライジングサン・ロックフェッスティバル、METAMORPHOSE、朝霧ジャムなどの様々な
フェスティバルを網羅、現在も数々のバンドやユニット・ミュージシャンとのコラボレーションを展開し、アンダーグランドシーンからメジャーシーンまで、その活動を多岐に渡り展開している。

■ドラびでお 一楽儀光(drums,Computer)

http://web.mac.com/dr.ichiraku/iWeb/doravideo/welcome.html
ドラムによるコンピューターコントロールシステム「ドラびでお」はドラマー一楽儀光によるソロ・ユニットでドラムセットを巨大なビデオデッキとして使用し映像をコントロールしている。この「ドラびでお」は世界中のロックフェス、ジャズフェス、メディアアートフェス、映画祭、芸術祭でも好評をはくし 2008年にはヨーロッパ、イギリス、アメリカ、韓国他でのワールドツアーが決定している。
知的でストイックな作品が主流のメディアアートシーンの中、彼の作品は粗野で下品そしてくどいぐらいのエンターテイメントである。

2005にはARS Electronica(オーストリア)にてその年最も優れたDigital Musics
に贈られるHonorary Mention賞を受賞。2007年6月世界芸術界の最高峰ベネチアビエンナーレに招待され2008年8月にはスペイン「サラゴサ万国博覧会」に招待されボブデュラン、ストレイキャッツとの競演をはたす。

2005年    ARS ElectronicaでDigital Musics部門でHonorary Mention賞受賞
2005年    ラフォーレ原宿「夏のラフォーレグランバザール」のCMに起用
2006年   大阪新世界の串カツ屋「横綱」のCMにたまたま起用
2006年 6月「SONAR」バルセロナに招待
2006年 7月ハハシアターアプルにて猫ひろし2デイズ「巨人」にゲスト参加
2006年10月「SONAR TOKYO」に参加
2006年10月「SONAR Seoul」に招待
2006年12月「altarnativa festival」(チェコ/プラハ)に招待
2006年12月「London LMC festival」に招待
2007年3月「Rokolectivo7」ルーマニアに招待
2007年4月「L'Experience Japonaise」(フランス)に招待
2007年6月 ベネチアビエンナーレに招待
2007年9月 「RIVE CREATIVE」(イタリア)に招待
2007年9月 「北九州ビエンナーレ」に参加
2007年10月 「DENSITES festival」 (フランス)に招待
2007年11月 「City Fables festival」 (台湾)に招待
2008年1月 「netmage 08」(イタリア)に招待
2008年3月 「ZEMOS98」(スペイン)に招待
2008年4月 デンマーク(アートフェス)に招待
2008年6月 イタリア(テクノ・トランスフェス)に招待
2008年7月 スペイン「サラゴサ万国博覧会」に招待

!!special unit!!
■勝井祐二+ドラびでお

圧倒的な程のドラミングテクニックとサブリミナルでコラージュな映像群のドラびでおに、壮大かつ幻想的で永遠なる反復リバーブ&ディレイの世界を超絶技巧ヴァイオリンで奏で出す勝井祐二の絶対無二の音世界!

数々の野外レイヴパーティーピープル達を唸らせてきた二人のspecial liveをお楽しみください。

皆様、是非遊びにきてください。
b0167745_2221492.jpg

[PR]
by shayouhardreality | 2009-07-05 22:21 | event hardreality